父「ディズニーランド楽しかったな」母「そうね」息子「うん」父「せーの!」

1 風吹けば名無し 2021/11/24(水) 00:39:42
1989年12月2日 午前1時15分頃、千葉県浦安市舞浜の○○ホテル中庭に
4人が倒れているのを宿泊客が見つけ警察に通報した。

千葉県浦安市舞浜にあるホテルのベランダから一家4人が飛び降り自殺。
亡くなったのは岐阜県の会社員(39歳)、妻(35歳)、長男(11歳)、次男(6歳)の4人。
一家が宿泊していた10階の部屋には遺書と、子どもが描いた祖父の似顔絵、
「東京ディズニーランド」で買ったぬいぐるみやミニカーが残されていた。

一家は同年10月18日、岐阜県の自宅から姿を消し、あちらこちらを旅した後、
11月26日に同ホテルに投宿。
遺書によると、母親の心臓病、糖尿病などの病気を苦にしたものと見られる。
テーブルの上には、祖父母や近親者に宛てた遺書があった
「おじいちゃん、おばあちゃんありがとう。妻が心臓病で、生きていても長くないので死を決意した」(父親)

「苦しくて生きていけない、もうよくはならない。」
「夫と○○(長男)と3人で話し合い、死を選び旅に出ることにしました。
今日でこの旅も終わりです。私の体は悪くなるばかりで、生きていてもこれから先、みんなに迷惑をかけます。
そう考えて決めました」(母親)

「お父さんお母さんが苦しんでいるのを見て僕も決めました。おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとう」(長男)

一家のチェックアウト予定は2日だった。
近所のディズニーランドを楽しんだ後一家で心中を図ったと見られている。
https://i.imgur.com/scjehoI.jpg

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼