【ラジオ】DJ KOOがTRF30周年振り返る「最初は12~13人もいた」森田健作ラジオにゲスト出演 [湛然★]

1 湛然 ★ 2022/09/21(水) 06:10:16
DJ KOOがTRF30周年振り返る「最初は12~13人もいた」森田健作ラジオにゲスト出演
[2022年9月21日5時0分] 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202209200000882.html
森田健作(左から2人目)のラジオ番組にゲスト出演したDJ KOO(同3人目)。アシスタントの酒井法子(右)西村知美
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/202209200000882-w1300_0.jpg


俳優森田健作(72)がパーソナリティーを務めるFM NACK5「青春もぎたて朝一番!」(日曜午前6時30分)とニッポン放送「青春の勲章はくじけない心」(月曜午後6時20分)の収録が20日、都内のスタジオ行われ、TRFのDJ KOO(61)がゲスト出演した。

TRFは来年デビュー30周年を迎える。高校時代にバンド活動をしていたKOOは、専門学校卒業後にDJとして活躍。だが、次第に仕事がなくなってきた91年、小室哲哉がレイヴのクラブイベントを開催し、DJとして参加した。「小室さんのパフォーマンスなどすべてに圧倒されました」と、小室のスタジオに毎日通ったという。その後、TRFが結成されることになり、93年にデビュー。KOOは「TRFは最初は、12~13人もいたグループでして。何とか、5人でやっていけるのかなと思ったのは『寒い夜だから』がヒットしたころですかね」と振り返った。

また、KOOは脳動脈瘤(りゅう)を発症したことも語った。17年にテレビ番組の企画で人間ドックを受診した際に、直径9・8ミリの脳動脈瘤が見つかった。通常は、2・4ミリ以上で即入院になるという。「自覚症状が何もなくて。強いていえば、片頭痛があるくらいで。破裂すると、くも膜下出血か、脳内出血になると言われました」。

すぐに、6時間半に及んだ開頭手術を受けることになった。頭だけでなく、出血に備えて首も切開することに。術後は、口が開かないため、指が2本入るのに、約2カ月もかかったという。KOOは「家族にも迷惑をかけましたが、リハビリでも慌てないで、ゆっくり歩こうよと励ましてくれました。娘に音楽をかけてと頼んだら、TRFのセットリストを流してくれました。うれしかったですね」。

来年はデビュー30周年を迎える。来月30日には「オールナイトニッポン55周年記念 ナインティナインのオールナイトニッポン歌謡祭」にTRFが出演する。KOOは「まだ決まっていないのですが、来年はライブをやりたいですね。ファンの皆さんと会いたい。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

2 名無しさん@恐縮です 2022/09/21(水) 06:11:16
帽子とグラサン取れや

3 名無しさん@恐縮です 2022/09/21(水) 06:11:29
濃いメンツ

4 名無しさん@恐縮です 2022/09/21(水) 06:11:58
zooに入れなかった素人の集まりだろ

5 名無しさん@恐縮です 2022/09/21(水) 06:14:49
踊る君を見てる~~

6 名無しさん@恐縮です 2022/09/21(水) 06:19:49
「最初は12~13人もいた」

ももクロ?

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼