劇場版『美少女戦士セーラームーン』追加キャストに林原めぐみ&水樹奈々&三石琴乃 [ひかり★]

1 ひかり ★ 2023/01/25(水) 00:42:45
 人気アニメ『美少女戦士セーラームーン』の物語の最終章を描く新作映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンCosmos」』(前編:6月9日、後編:6月30日公開)の追加キャストが24日、発表された。最強の敵・セーラーギャラクシア役を林原めぐみ、火球皇女役を水樹奈々、ちびちび役を三石琴乃が担当する。

 今作でセーラームーンたちの前に立ちはだかるのは、銀河征服を目論むシャドウ・ギャラクティカの頂点に君臨するセーラー戦士・セーラーギャラクシアで、銀河最強の破壊力を持つ「破壊の戦士」。セーラー戦士たちが持つ特別なパワーを秘めたセーラー・クリスタルを奪うため、銀河中の星々を襲い、ついにはセーラームーンの持つ銀河一の力を持つシルバー・ムーン・クリスタルに目を付け、襲いかかる。そんなセーラーギャラクシアを林原めぐみが演じる。

 そして、ちびちびに助けられた謎のプリンセス・火球皇女(かきゅうこうじょ)を水樹奈々が担当。突然空から舞い降りてきて、うさぎたちとともに暮らすようになる、不思議な雰囲気をまとう女の子・ちびちびは、1996年放送のTVアニメ「美少女戦士セーラームーン セーラースターズ」に引き続き、セーラームーン/月野うさぎ役も務める三石琴乃が演じることになった。

 2021年に公開された『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」』の続編となる同映画は、『美少女戦士セーラームーン』シリーズの最終章となる“シャドウ・ギャラクティカ編”を描く。

 新たなる敵“シャドウ・ギャラクティカ”が出現し、次々と仲間が狙われていく中、セーラームーンたちは再び戦いに身を投じていくストーリーで、最強の敵を前に「なんのために戦うのか」、自らに課せられた使命と葛藤しながらも立ち向かっていく、セーラー戦士たちの最後の物語となる。

 同作は、1991年から1997年に渡り少女漫画雑誌「なかよし」(講談社)で連載された作品で、単行本の累計発行部数は4600万部を突破する人気作。主人公・月野うさぎが、ある日、言葉をしゃべる黒猫のルナと出会い、正義の戦士「セーラームーン」に変身し、仲間たちとともにプリンセスを守る使命に向かって戦っていくストーリー。

 当時の女の子たちを夢中にさせ、社会現象を巻き起こし、1992年から1997年にはテレビアニメシリーズも放送され、日本のみならず40ヶ国以上の国で放送されるなど世界中で愛されている作品に。また、2014年からは新シリーズ「美少女戦士セーラームーンCrystal」としてアニメがスタートし、2021年には25年ぶりとなる新作映画『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」』が公開された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fc3e6fb6a6301efaf65c0b1c41c22561d6b87eb8
https://pbs.twimg.com/media/FnNK1A3akAQzL2S.jpg

「セーラームーンCosmos」セーラースターライツは井上麻里奈、早見沙織、佐倉綾音
https://news.yahoo.co.jp/articles/4bc6d9a2b8a079fbb3c3b98a2bd399fe10505f19

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼