【衝撃】統合失調症や認知症の幻覚ではない!? 「感染後に霊が見えるように…」 世界各地で新型コロナ感染で霊が見え始めた!

1 逢いみての… ★ 2021/08/17(火) 23:20:51
新型コロナの後遺症としては、倦怠感、味覚・嗅覚障害、脱毛、頭痛や、継続的な身体の痛みなど、さまざまな報告があり、パンデミック発生直後の昨年春に感染してから、もう1年以上もずっと治らずに苦しんでいる者までいる。

そんな中、表立ってニュースにはなっていないが、世界各地で少数ながら報告があり、関係者を困惑させている後遺症の事例がある。

それが、「新型コロナに感染してから霊が見えるようになった」というものだ。

欧米のオカルト掲示板などで、昨年からスレッドになっていたようだが、半分ジョークの扱いで、相手にされていなかった。しかし、同調する意見も複数あったらしい。

そして、これは日本もどうやら例外ではなく、特に感染者が増えてきた第3波以降に、その後遺症で悩む人々が出てきたようだ。

都内の心療内科で働く医師のもとには、昨年からコロナの後遺症に悩む人たちも訪れるようになったというが、その中で以下のような報告が複数あったと証言する。

「コロナの後遺症で来院される方の多くは、味覚障害からくるメンタルの不調や、記憶障害といったものが大半なのですが、『感染後に霊が見えるようになって怖い』といった方がおります。統合失調症や認知症から来る幻覚の類いなのかと思ったのですが、テストをしても問題はなく、何か別の要因があるとしか言えない状況です」

消費者金融で働いている剛さん(仮名・46歳)は、昨年のコロナ感染の後に霊が見えるようになってしまった1人だ。

剛さんは感染発覚から5日目に重症化してしまい、一時ICUにも入っていたという。

「2回目の緊急事態宣言の前だったので、すぐに入院できて良かったのかもしれません。でも、ICUでの記憶は全然ないんですよね。気がついたらベッドにいました。退院するまで1カ月半かかったのですが、病院内で意識が戻ったときから、霊のようなものが見えるようになったんです。最初は『なんでコロナ病棟に患者さんが突っ立ってるのか?』と思ったんですが、看護師さんや先生は誰も気がついていない。そこで『あれは、この病院で死んだ人の霊だ』って分かって…。自分も、あと少しで同じような霊になったかもしれないのかと思うと、なんとも言えない気持ちになりました」

退院してからも、剛さんの視界から霊は消えず、あちこちで霊を目撃し続けたという。

「霊そのものが怖いという感覚はないのですが、街を歩いたり、人と会うのがすごい疲れるようになってしまいました。だって、そこかしこにいるんですから。生きている人と死者が入り混じった世界に突然放り込まれることを想像できますか? 生まれつき霊感を持っている人なら、それが当たり前なのかもしれませんが、40年以上普通の世界で生きてきた人間が、急に見えるようになったんですから、辛いですよ。肺が時々苦しくなるとかの後遺症もあるんですが、一番辛いのは霊が見えるようになったことですね。これ、いつか見えなくなるんでしょうか…? 『コロナなんて、ただの風邪』だと思って、夜遊びして感染した当時の自分を殴りたいです」

都内のデリヘルで働く風俗嬢のさえこさん(仮名・23歳)は、昨年8月にコロナに感染した。

「感染した当時、新宿歌舞伎町のファッションヘルスで働いていました。お店の子は、ほぼみんな1回は感染していましたが、普通に復帰していたので、コロナになること自体は全然怖くなかったんです。実際、症状としては発熱と咳くらいで、インフルエンザと同じくらいの辛さという感じでした。ホテルでの隔離生活の退屈さのほうがよっぽど辛かったくらいで、1週間ほどで退院になったのですが…それから〝見える〟ようになってしまったんです」

続く

以下ソース
https://weekly-jitsuwa.jp/archives/29205

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2 逢いみての… ★ 2021/08/17(火) 23:21:07
ちなみに、さえこさんはそれまで、まったく霊感など持っておらず、霊を見たこともなかったという。

「仕事の復帰が決まった初日、歌舞伎町を2週間ぶりに訪れたときに、あるビルの窓辺にぼんやり佇むおじいさんの姿が見えたんです。これまで霊なんて見たこともないのに、完全に〝生きている人ではない〟と分かったんですよね。襲ってくるとか、そういう感覚はしなかったので、怖いというよりは、ただ不気味な感じで」

恐ろしくなり、その場をすぐに離れたさえこさんは、店のある雑居ビルの階段付近でも若い女性の霊が見えたという。

「直感で、生前に同業だった女の子だって分かって。結局、ビルの中に入ることができず、そのまま退店してしまいました。歌舞伎町は、はっきり言って霊だらけですよ」

さこえさんは現在、無店舗型のデリヘルで働いているため、ホテルやお客さんの自宅に行くことが多いというが、その先でもしばしば目撃してしまうそうだ。

「主観かもしれないですが、風俗でしか女の子と遊べないタイプの隠キャな男の人のほうが呼び込みやすいのか、ベランダや部屋にお年寄りやその人のお母さんかなと思えるような霊がいることが多いんです。必ずしも悪い霊ではないと思うのですが、大体悲しそうに佇んでいます。もちろん知らないフリをしてプレイするのですが、落ち着かないですし、いつも、いたたまれない気持ちになってしまいます。戻れるなら、霊なんて見えない感染前に戻りたいです」

確かに、当事者の立場になってみると、霊感があることは決していいことではなさそうだ。

それにしても、新型コロナに感染したために、霊が見えるようになることなどあるのだろうか?

オカルトに詳しい専門家に尋ねてみた。

「死の淵をさまよった後に、霊が見えるようになるというのは、新型コロナでなくてもしばしば起こる現象です。コロナで重症化した患者さんが、回復した後に霊が見えるようになるというのは、十分に起こり得ることでしょう」

しかし、軽症者であっても、そのようなことが起こるのは別の理由があるという。

「新型コロナには〝ブレインフォグ〟と呼ばれる、脳の機能に影響を与える後遺症があることが明らかになっていますが、ウイルスが霊感を呼び覚ますために、なんらかの〝スイッチ〟を押す役割を果たしている可能性も考えられます。今後の研究が必要でしょうね」

ちなみに、もしも霊が見えるようになってしまったら、対処法はあるのだろうか。

「霊が見える状態が一過性のものなのか、生涯消えないものなのかはわかりません。ただ、訓練によって、霊を意識しないで生活することはできるようになります。もちろん、慣れてくるということもあるでしょう。過度に恐れすぎず、平常心を心がけるのが良いと思います」

新型コロナの後遺症として「霊感の獲得がある」と公的に認められることはないだろうが、実際に苦しんでいる人々がいることも事実。今後の調査、研究が待たれる。

3 夜更かしなピンクさん 2021/08/17(火) 23:24:01
やっぱ、脳の後遺症としての幻覚だと思うわ。

4 夜更かしなピンクさん 2021/08/17(火) 23:24:43
脳ミソやられちゃうんだな

5 夜更かしなピンクさん 2021/08/17(火) 23:27:56
霊より風俗は誰しも感染するほうがこわいわ。

6 夜更かしなピンクさん 2021/08/17(火) 23:37:26
霊「こういう時どんな顔すればいいかわからないの」

7 夜更かしなピンクさん 2021/08/17(火) 23:38:28
違う次元のチャンネルに接続できるようになるのか

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼