【身体】ED治療の最先端 1回5万5000円『幹細胞注射』の効果は? 「20代に戻ったようだ」 87歳の回復例も[10/28]

1 逢いみての… ★ 2021/10/28(木) 23:07:12
https://www.news-postseven.com/uploads/2021/10/22/post2133_p119_score-386x750.jpg
国際勃起機能スコア

https://www.news-postseven.com/uploads/2021/10/22/post2133_p119_bokki-750x580.jpg
米国で開発された「勃起時の硬さスケール」

 日本臨床内科医会の調査(2016年)によれば、40歳以上の男性の3分の1、実に1130万人の男性がED(勃起不全)に悩まされている。年齢と共に“活力”を失っていくことは避けられない──そう諦めている人も多い。だが、ED治療は日進月歩で進化している。いま受けられる夢の治療を紹介する新シリーズ。第1回は最先端の「幹細胞注射治療」をレポートする。

 ベッドに横たわり、ズボンとパンツを脱ぐ『週刊ポスト』の54歳記者。久しく漲ることを忘れた下半身を見て、情けなくなるのも束の間。男性医師がアルコールシートで優しく消毒すると、慣れた手つきで“根元”をゴムバンドで縛った。

「すぐに済みますので」

 そう言うと、医師が陰茎の裏から注射を2回打つ。目視できないほどの極細の針で、痛みがほとんどない。20分後にはそのまま帰宅し、翌朝起きると、忘れかけていた「あの感覚」が股間に蘇っていた──。

 生涯現役を目指す男たちの天敵であるED。経口薬や衝撃波療法など様々な治療法が研究されるなか、最先端として医学界で注目を集めているのが、注射一本でEDを根治させると言われる「幹細胞治療」だ。

「従来のED治療とは一線を画す施術として、世界中の医師が期待を寄せています」

 医療経済ジャーナリストの室井一辰氏がそう語るこの幹細胞治療とは、どんなものなのか。

 人体の骨、血液、筋肉などあらゆる組織や臓器は、細胞からできている。幹細胞はこれらの細胞の元となるもので、すべての種類の細胞に分化する能力を持つ。京都大学の山中伸弥教授が開発して2012年にノーベル医学・生理学賞を受賞したiPS細胞も幹細胞の一種だ。

 幹細胞の働きを利用して、ケガや病気で損傷した臓器などの回復をめざす「再生医療」が注目されているが、こうした技術をEDの改善に応用したのが幹細胞治療だ。

「2000年代に始まった幹細胞の研究は山中教授のノーベル賞受賞で一気に盛り上がり、2015年頃からED治療への応用が各国で試みられてきた。米国では骨髄などから採取した幹細胞をペニスに注射することで、老化によって衰えたペニスの細胞を復活させる研究が進み、臨床実験でも陰茎硬化症等の病気の改善を含め、良好な結果が発表されています」(室井氏)

 ED治療を行なう東京予防医療クリニック総院長の森吉臣医師は、「幹細胞治療には2つの方法がある」と解説する。

「ひとつは自分の骨髄や脂肪などから採取した幹細胞を培養して、体内に移植する方法です。もうひとつは、幹細胞を育てる過程で分泌されたエキスを含む『培養上清液』を注射し、細胞の機能を修復・再生する方法。こちらは幹細胞そのものを移植するのではなく、他人から採取した幹細胞を用いることができる」

 この治療法の特筆すべき点は、勃起力を細胞レベルで回復させるだけでなく、ED治療薬にある「副作用」の心配がほとんどないことにある。

「当院のED治療の患者は30代から80代と幅広く、最高年齢は87歳でした。この方も治療の結果EDから回復しました」

 そう語るのは、銀座ソラリアクリニックで修復医療を担当する古賀祥嗣医師だ。同クリニックでは、培養上清液の一種である「SGF(乳歯歯髄幹細胞培養上清液)」を用いた幹細胞治療を行なう。

「実際の治療の際は、患者のペニスの根元に小さなゴムバンドをはめて、計2ccのSGFを陰茎海綿体の左右に1回ずつ注射します。超微細の針で注射するので、痛みはほとんどありません」(古賀医師)

続く

以下ソース
https://www.news-postseven.com/archives/20211028_1701551.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2 逢いみての… ★ 2021/10/28(木) 23:07:32
 幹細胞治療は週1回の注射を4回、計4週間かけて行なうのが基本。保険がきかない自由診療で、同クリニックでは1回の費用は5万5000円となっている(4回の注射で計22万円)。

「男性が勃起するのは、陰茎海綿体の内皮細胞がNO(一酸化窒素)を分泌することで、血管が拡張して血流が活発化するからです。しかし老化や糖尿病、動脈硬化などによって内皮細胞の機能が衰えると、NOの分泌機能が衰え、勃起力が維持できません。一方、幹細胞治療では、傷んだ内皮細胞の機能が修復され、これによってNOの分泌や血管の拡張が進み、勃起力が回復します」(同前)

 効果の持続性も、バイアグラなどのED治療薬とは一線を画す。

「治療薬は内皮細胞のeNOSと呼ばれる勃起促進物質に働きかけますが、効果は一時的な上、内皮細胞が劣化しているとeNOSはほとんど分泌されない。対する幹細胞治療は、内皮細胞の機能そのものを改善するので、ワンクール(4回の注射)の治療を終えれば1年以上は効果が期待されます。

 また、ED治療薬は心臓への負担や頭痛、めまいなどが懸念されますが、幹細胞治療は副作用がほとんどない。現に当院では、副作用は一例も出ていません」(同前)

 今年3月、古賀医師が日本再生医療学会で発表した論文では、幹細胞治療を受けた31歳から79歳までのED患者38人(平均年齢56歳)の症例を調査した。

「38人の患者すべてにEDの改善が見られ、なかでも軽症者は全員が完治しました。もちろんバイアグラなどの治療薬は併用せず、幹細胞治療のみで陰茎海綿体の内皮細胞が蘇ったのです」(同前)

 幹細胞治療を体験するため、東京予防医療クリニックで実際に施術を受けたのが、冒頭の54歳記者だった。加齢とともに元気がなくなり、薬局で売っている精力剤やサプリなどを試していたが、40代後半になるといよいよ厳しくなった。50歳になってバイアグラを試したら一時的に効果があったものの、服用後に頭痛や倦怠感が出たので怖くなり、薬に頼るのはやめた。

 診察ではまず、「国際勃起機能スコア」を利用した問診票を記入する。《性交中、挿入後何回勃起を維持できましたか》《性交を試みた時、何回満足に性交ができましたか》といった問いの答えをスコア化する問診で、記者は14点。「中等度の症状」と診断された。その後は医師から幹細胞治療の説明を受けた。

 事前に治療を決めていた記者は、その日のうちに注射を打つことに。麻酔もないまま、陰茎の左右海綿体に針を刺され、液体が注入される感覚を直に感じる。1回の治療で2本注射を打ったが、アッという間のことで痛みはほとんどない。

 ちなみにゴムバンドは、注射後に幹細胞培養上清液が陰茎の海綿体に行き渡り、その他の部分に流れ込まないようにするために使用する。圧迫感はなく、施術から20分後に外してもらい、治療は終了した。治療後は特に違和感もなく、排尿時にも痛みなどの症状は出なかった。

 驚いたのは、翌朝だ。痛いほどに「朝勃ち」しているではないか。日常生活のふとしたタイミングでも敏感に反応するようになり、20代に戻ったようだ。若い頃の感覚を久しぶりに味わった。

 前出の銀座ソラリアクリニックで半年前に幹細胞治療を受けた60歳男性のA氏は、計4回の注射を終え、従来の治療とは違う効果を実感していると語る。

「薬はコトに及ぶ前に飲む必要がありますが、幹細胞治療は一度治療を終えたら勃ってほしい時にナチュラルに勃起できる。薬を服用していた時は、『妻にバレたくない』と変なプライドからストレスがたまりましたが、幹細胞治療によってその心労から解放されました。1回5万5000円と割高ではありますが、この効果はお金に代えがたい」(A氏)

 古賀医師によれば、1~2年経って勃起力が少し落ちてきたと感じた場合、「もう一度注射を打てばさらに1年は効果が持続します」とのことだ。

 一般的なED治療薬である正規品のバイアグラを服用すると、年間で約20万円弱の費用がかかる。費用と効能、そして行為前に錠剤を飲む手間とプレッシャーを鑑みれば、幹細胞治療はむしろ費用対効果の面で優れていると言えるだろう。

続く

3 逢いみての… ★ 2021/10/28(木) 23:07:47
 このところ勃ちが悪くなった──そんな不安がある人は、前述の「国際勃起機能スコア」でセルフチェックができる。また米国で開発された「勃起の硬さスケール」の日本版では、「グレード0」(ペニスは大きくならない)から「グレード4」(ペニスは完全に硬く、硬直している)までの5段階でEDを判別する。

 硬さの表現として、グレード1が「こんにゃく」、グレード2が「みかん」、グレード3が「グレープフルーツ」グレード4が「りんご」とのイメージが用いられる。これらの指標を確認した上で、

「国際勃起機能スコアで16点以下、米国式スケールではグレード3以下の場合は医療機関を受診することが望ましい」(古賀医師)。

 この先は幹細胞治療の保険適用も期待される。室井氏が語る。

「幹細胞治療は大きな可能性を秘めており、とくに日本は研究面で世界をリードしている。導入するクリニックも増えてきており、実績のデータが蓄積してくれば信頼性も高まってくる。病気の合併症など治療が難しい勃起障害に効果が示されるような革新が起これば、公的保険での治療も夢ではありません」

 悩める男性たちが“自信”を取り戻す日は遠くない。

4 夜更かしなピンクさん 2021/10/28(木) 23:11:29
男性より女性向けの「幹細胞注射」がほしいな
子宮や卵巣を20代に戻せるのなら一気に40代、50代の女性でも妊娠できるようになるし

5 夜更かしなピンクさん 2021/10/28(木) 23:14:20
まともな50代だったら出せない金額でもないけどそこまでしてやりたいかと。

6 夜更かしなピンクさん 2021/10/28(木) 23:18:37
幹細胞って中絶胎児から取るアレ?
ED治って生中出しして妊娠したらまた中絶胎児できるな
無限増殖w

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼