【ネット】角栓にゅるっ!トイレに脂ドサッ! 広告代理店関係者「今は少し罪悪感から開放された」 うさん臭すぎる『ネット広告の舞台裏』

1 逢いみての… ★ 2022/02/24(木) 00:03:45
https://www.cyzo.com/wp-content/uploads/2022/02/prnet.jpg
誰もが一度は目にしたことがあるだろう、ネットのPR広告(画像はイメージです)

 ニュースサイトを読んでいると、よく見かける「PR広告」。これは企業から依頼を受けて書く広告記事のことで、興味本位でクリックしてみると、怪しげな商品が割と高値で売られているサイトに飛ばされる。

 あの商品たちは本当に効果があるのか? このようなPR広告の裏側に迫るため、PR系の広告代理店を経営している立花裕二さん(仮名・28歳)に話を聞いた。

――PR広告の仕事には、どのようなものがあるのでしょうか?

立花裕二さん(以下、立花) 美容商品を売るためのマンガ原作の記事とかですかね。僕の場合は脚本と絵コンテを書いて、有名なマンガ家やライトノベルのノベライズをしている人にお願いしていました。バイト感覚で引き受けてくれて、記事広告や動画広告に仕上げていきます。

 ギャラは一件20万円など、単発でもらえるところと、記事を通して商品が売れた分だけ既定のパーセンテージでもらえる場合があります。

 紹介する商品は多種多様で、「飲むと爆乳になるサプリ」や「美白になる歯磨き粉」などがあります。中身はほとんど効果のないものばかりか、市販されているものと成分がほぼ同じなのに、値段が10倍もするような物も多くありました。

――売れる商品はどのようなものが多いですか?

立花 僕が直接携わったわけではないので、詳しくはわかりませんが「置き換えダイエット食品」は売れ筋です。水に溶かして飲む粉のようなものは人気ですね。ですが、ラクしてダイエットはできません。芸能人で体型維持している方は、ジムで運動しているし、努力もしています。でも、その粉がバカスカ売れるんですよ。中身はただのプロテインなんですけどね。

 でも、2021年8月に「薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)」が改正されて、誇張表現ができなくなり、売り上げが下がってきました。薬機法とは医薬品や医療機器の品質を保持するための法律で、違反した場合、2年以下の懲役または200万円以下の罰金が課されます。

 その一方で、薬機法を潜りぬけるやり方として、例えばシミが消えるサプリメントの場合だと、初回限定でコンシーラーをつけるという作戦もあります。「シミを消すのはコンシーラーです」という一文が、わかりにくいように書いてありまして、シミが消えるサプリメントを定期購入しているつもりが、買っているのはただのビタミン剤だったということもあります。

――昔からある健康食品の詐欺と同じような構造ですね。

立花 ほかにも白髪染めもよく売れる商品のひとつで、「医薬部外品」と銘打って販売している商品はよく売れます。「キューティクルを開かずに、髪の内部までしっかり染める」などの謳い文句で、どこかスゴそうな感じをかもし出して、市販されているものとほぼ変わらない物を高値で販売しています。

 とはいえ、「当たる商品」と「当たらない商品」の差がすごくて、中身はほぼ同じなのに、テレビの情報番組に出演している先生が監修していたりすると、よく売れます。

 あとは、不祥事を起こした芸能人、元有名アイドルグループのタレントが監修や宣伝に関わっている商品はよく売れます。監修をオファーする際は、その人の所属する事務所に直接連絡したり、共通の知人からつないでもらったりしています。

――それにしても、こんな怪しい商品を買う人は、本当にいるのですか?

立花 不思議と売れるんです。購入層は40~50代の女性が多い印象です。薬機法の改正で誇張された広告を出すことは法律で禁止されましたが、いまだにYouTubeに出ている広告は審査がないので無法地帯です。

続く

以下ソース
https://www.cyzo.com/2022/02/post_303804_entry.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2 逢いみての… ★ 2022/02/24(木) 00:03:56
――それならYouTubeに広告を出したほうがいい気が……。

立花 そこもなかなか難しくて、月の売り上げが2500万円を超えた翌月は50万円まで下がったりと、ギャンブル性が高く、安定はしないです。

 取り引きする会社は怪しい会社が多かったです。そういう会社に依頼されて打ち合わせに行くと、オラオラ系の圧がすごくて。一昔前の雑誌の最後のページの広告に載っている「金持ちになれるブレスレット」などを作って利益を出していた会社が、雑誌の不景気で稼げなくなり、インターネットに移ってきたパターンが多いです。

――PR会社の仕事の取り方って、どのような流れでしょうか?

立花 PR広告代理店から「この商品を紹介する記事を書いてくれませんか?」と依頼がきます。売れた記事を個人アカウントで「これを書きました」みたいな匂わせツイートをすると、DMで依頼がきたりもします。今は固定のクライアントがいますが。

 現在の私の会社の売り上げが月300万円、調子がよくて500万円です。もちろん赤字を叩くこともあります。「この商品を売ってください」と依頼を受けた後、1記事につき出稿料含めて10万円くらいかけて書いて、大手ポータルサイトやSNSに出稿し、その記事を通して商品が売れたらお金が入ってくる仕組みです。各担当者と予算などの相談をしながら進めています。

 でも、今は薬機法改正により本当に厳しくなってしまって「円形脱毛症だった人の髪がフサフサになる!」といった表現ができなくなりました。代理店はきれいな記事で売り上げを上げることが求められるようになり、その環境でうまくやれる人が生き残れる時代だと思います。

――中身のない商品を売るのに罪悪感はありませんでしたか?

立花 ありました。人を騙して金を稼いでるんじゃないかと……。それでこの業界を辞めていく人は多かったですね。2015年頃はネット広告の過渡期だったので、PVが取れればいいと思い、「これを飲めばシミが消える!」「これを飲めば爆乳になる」など、嘘ばかり書いていましたが、今は大きなウソが書けなくなったので、少し罪悪感から開放された気持ちもあります。

3 夜更かしなピンクさん 2022/02/24(木) 00:08:34
お昼どきのテレビでトイレ洗浄のCMどうにかしてくれ

4 夜更かしなピンクさん 2022/02/24(木) 00:09:17
ファーマフーズ
SBIプロモ
富山常備薬グループ

5 夜更かしなピンクさん 2022/02/24(木) 00:12:06
あ!!

6 夜更かしなピンクさん 2022/02/24(木) 00:17:33
食べると丸暗記できる食パン
食べるだけで外国語を修得できるコンニャク

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼