【社会】「それ、差別発言です」 あらためて知っておきたい“表現の今”[03/27]

1 逢いみての… ★ 2022/03/27(日) 22:32:58
 昨年2月、SNSを沸かせたあの発言を覚えているだろうか。「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」「(組織委員会の女性は)みんなわきまえておられる」。東京五輪・パラリンピックの組織委・森喜朗前会長の発言は、大会が掲げたビジョン「多様性と調和」を骨抜きにした。怒りと抗議の声がツイッターに溢れ、ハッシュタグ「#わきまえない女」はトレンド入り。森氏は辞任に追い込まれた。

 あれから1年、私たちのジェンダー平等意識はアップデートできているだろうか? 男性中心の社会構造は未だ変わらず、世界経済フォーラムの「ジェンダーギャップ指数」では日本は今や156か国中120位(2021年)。ジェンダー平等には程遠いのが実情だ。

 世界から周回遅れのジェンダー観は、メディアにたびたび登場する。「美しすぎる市議」などことさら容姿に注目した表現や、「ホモ」「レズ」などLGBTなど性的少数者への差別や偏見を助長するような言葉で、当事者を傷つける二次加害につながったものもある。

「配慮のない表現が、社会の無意識の偏見につながっていないか」。強い危機感を抱いた現役記者らが、自責の念を込めて手引書作りに取り組み、この3月に完成したばかりなのが『失敗しないためのジェンダー表現ガイドブック』(新聞労連ジェンダー表現ガイドブック編集チーム著)だ。

 ガイドブックでは、配慮に欠いたジェンダー表現を多くの事例から紐解いている。外見に基づく差別「ルッキズム」(外見に基づく差別)のケースから見ていこう。

「日本選手権を4連覇し、日本代表として実績を重ねても、なお容姿ばかり話題にされる。悲しかったし、悔しかったし、はがゆかった」

 カーリング元日本代表の選手は、朝日新聞のインタビューにそう答えている。「美人選手」「イケメン社長」など、容姿に注目した記事は多くのメディアに散見されるが、批判の対象となるという。

「美しいと褒めているのに、なんで差別なの?」──そんな声も聞こえてきそうだが、競技や業務とは異なる見た目ばかりに注目することは、相手を不快にさせかねない。前出のガイドブックは、「容姿での評価は、実績を軽視することとも表裏の関係にある」と指摘している。

 ルッキズムの典型例として挙げられているのが、2021年10月の全国市長会長を務める福島県相馬市長の発言だ。連合の新会長となった芳野友子氏について「今度の美人会長も楽しみにしている」と言及し、批判を受けて謝罪した。芳野氏は「容姿に触れることは、今の世の中で許されない」と話した。

 たとえ褒める文脈だとしても、それって必要? 取り上げる前に立ち止まって、相手の立場に立って考えることが大切だ。

 性的少数者への理解を深めるためのイベント「東京レインボープライド」で、3年ぶりとなるパレードのオフライン開催が注目されるなど、「LGBT」への社会的な関心は高まりつつある。LGBTについて理解し、支援する人(=アライ、英語で味方を意味する)も増えつつあるが、メディアには誤解に基づいた表現が少なくない。ガイドブックでは、日常生活でも聞かれそうな事例から、表現の問題点を指摘している。

「レズビアンなら、男性になりたいの?」
「ゲイは男性と女性、両方の気持ちが分かるから恋愛相談したい」

 LGBTとはレズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシャル(両性愛者)、トランスジェンダー(出生時に振り分けられた性別と心の性別が異なる、もしくは違和感を覚えている人)の頭文字から取った言葉。LGBは、性的指向(恋愛感情や性的な関心がどの性別に向いているか)、Tは性自認(自分の性別をどう捉えているか)で、上記の事例はそれを混同しているケースだという。

 LGBTのいずれにも当てはまらない人もいて、今後新たな定義や用語が生まれる可能性もある。「性的少数者ではない『普通』の自分には、訳がわからない」だろうか? ガイドブックでは、性のあり方は十人十色だとして、「普通って何でしょうか」と読者に問いかけている。

続く

以下ソース
https://www.news-postseven.com/archives/20220327_1735353.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2 逢いみての… ★ 2022/03/27(日) 22:33:11
 性のあり方はくっきり分かれているのではなく「グラデーション」だ。服装や呼称など、どのように性を表現するかも人それぞれ。誰もが性の当事者として、多様な性のあり方を考えることが重要だろう。

 2017年、民放のバラエティー番組での「あんたホモでしょ」と男性同性愛者を嘲笑する表現に批判が相次いだ。当事者らも「性的少数者に対する性的指向・性自認に対するハラスメント」と抗議。メディアにおける人権意識の重要性を再認識させることになった。同年には、埼玉県蕨市の小学校男性教諭による問題発言もあった。

「ここにオカマがいるのか。誰だオカマは」

 性的少数者の児童1人が在籍するクラスでの授業中の発言だった。直接この児童に向けた発言ではなかったが、保護者が学校に抗議して発覚。教諭は児童と保護者に謝罪したという。

 オカマ、オナベ、おとこおんな、オネエ、レズ……。これらの言葉は歴史的に侮蔑的な意味合いで使われ、周囲の人を傷つけたり不快にさせたりする。ガイドブックでは「あなたが気づいていなくても、当事者は周囲にいるかもしれない」として、これら差別用語を日ごろから使わないよう呼び掛ける。

 ジェンダー表現に関しては、誰もが当事者だ。まずは自分自身の無意識の偏見を自覚し、意識をアップデートしていかないことには、「世界から周回遅れ」はとても取り戻せない。

3 夜更かしなピンクさん 2022/03/27(日) 22:37:25
>>1
「それ、貴方の感想ですよね?」

4 夜更かしなピンクさん 2022/03/27(日) 22:44:59
>>1
うるせーバカしね🤣

5 夜更かしなピンクさん 2022/03/27(日) 22:45:32
ホッテントット族

6 夜更かしなピンクさん 2022/03/27(日) 22:45:47
目が会ったら差別

7 夜更かしなピンクさん 2022/03/27(日) 22:47:08
>>6
目が合わなくても差別

8 夜更かしなピンクさん 2022/03/27(日) 22:53:17
ロリコンも差別にしろ

9 夜更かしなピンクさん 2022/03/27(日) 23:01:18
お前男か女か中性だろ
差別用語
使ってはいけない

10 夜更かしなピンクさん 2022/03/27(日) 23:04:12
レイシストを差別しないでください

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼