ミニマリスト主婦さん、コロナがきっかけで備蓄マニアに転向してしまう [715065777]

1 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (アウアウウー Sad3-gGVE) 2020/06/30(火) 14:30:03

コロナで変化したミニマリストたち 備蓄も重視する新スタイル【#コロナとどう暮らす】
6/30(火) 10:01 配信

ブログを書き始めたのも、生活環境を一新した頃だった。
ブログでも「ミニマリスト」を名乗ることにし、ブログ名は、最初は「ミニマリスト主婦のブレない暮らし」、その後、自分を変えたいとの思いも込め、「ミニマリスト主婦、自分を捨てました。」にした。

コロナで一変 スーパーの品薄に危機感

そんなメミコさんの生活に大きな影響を与えたのが、新型コロナだった。
感染者が急増し始めた3月、ドラッグストアから、マスクやトイレットペーパー、ティッシュボックスなどが姿を消した。
さらには、同月下旬、小池百合子・東京都知事が外出自粛を要請すると、首都圏にある多くのスーパーで、米や即席麺、肉などが一時、売り切れや品薄状態となった。

メミコさんが食料を普段より多めに買っておこうと生協に追加注文しようとしたら、多くの商品が「在庫切れ」となっていた。
突然、強い不安に襲われた。スーパーに行けば何かあるかもしれないが、感染が怖い。「慌てて、楽天でいろいろ買いました」

これを機に必要なものは備蓄することを決めた。食料は、ドイツの伝統的パンであるプンパーニッケル1カ月分など、常温保存できるものを備蓄。
ほとんどカラだったキッチンの引き出しは、「食料でパンパン」になった。使い切るごとに買っていた歯ブラシや石けん、トイレットペーパーも、半年分ぐらいまとめ買いした。

「備蓄とお買い物マラソン。」と見出しをつけた最近の投稿では、「備蓄用引き出しを開けては眺め、どれくらい用意しようかと考える日々。」など、備蓄への関心をうかがわせる文章が並ぶ。
カラになった冷蔵庫を見るのが快感だった日々が、ウソのようだ。
https://news.yahoo.co.jp/feature/1747
https://i.imgur.com/U4wN6MG.jpg
https://i.imgur.com/aqYI3c9.jpg
https://i.imgur.com/7oRaw6d.jpg
https://i.imgur.com/O9DsREI.jpg

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼